令和元年。新しい時代が始まりました。

令和元年。新しい時代が始まりました。
次の時代を担う人達の為に自分自身に何が出来るかを、
問う時代にしたいと思います。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1

カテゴリー: 未分類 | 令和元年。新しい時代が始まりました。 はコメントを受け付けていません。

3期12年間、ありがとうございました。退任式に臨んできます!

先ほど、市役所で臨時部長会、管理職への挨拶を行い、全職員宛に以下のメールを送付しました。

八尾市長の田中誠太です。
平成19年度の統一地方選挙において、2度目となる市長選挙に挑戦し、平成19年5月に第6代八尾市長に就任してから、12年が経過しました。
私の任期は、平成最後の日となる4月30日までですが、本日が、実質最後の登庁日となりますので、これまで私を支えていただいた職員の皆さんに、感謝の気持ちを送らさせていただきます。

~夢・創造・そして実現へ 「未来都市八尾」~

就任当初より、「市民に信頼される八尾」「市民に親切丁寧な八尾」「税金を無駄にしない八尾」を基本として、サービスの向上に取り組むとともに、将来世代に過度な負担を先送りすることが無いよう、持続可能な行財政運営を図るべく、常に行財政改革に取り組んできました。また、厳しい行財政運営を余儀なくされる中にあっても、計画行政を推し進め、必要な施策には積極的に投資し、挑戦していくことこそが、さらなる未来の開拓につながるものと考えてきました。

八尾市政の1丁目1番地として、「八尾スタイルの地域分権の推進」を掲げてきました。校区まちづくり協議会の設置、わがまち推進計画の策定、地域拠点の整備等々の様々な取り組みを進める中で、地域に出向き、市民の皆さんと顔を合わせ、お話をするたびに、脈々と引き継がれてきた八尾のまちの地域力の高さを痛感していました。また、地域と向き合い、市民の皆様とともにまちづくりを進めることこそ、まちの魅力を高め、住み続けたいと思えるまちであり続けることができると確信してきました。
随行する職員に、今日は何曜日かと尋ねると、「土曜日ですよ。」や「日曜日です!」と、しばしばあきれ顔で返答されましたが、本当に数多く地域に出向いたことは、市民の皆さんの取り組みをじかに見せていただき、そこで、お一人おひとりと言葉を交わし、その情熱や笑顔に触れることができたことは、時には孤独な決断をしなければならない職にあって、市政に邁進する活力を得ることができた貴重なひと時でした。

市長就任12年目を迎えた昨年は、市制施行70周年の大きな節目と中核市への移行という新たなステージへ踏み出す飛躍の年であり、改めて、まちを動かす「ひと」が活躍しやすい環境づくりを基本として、八尾の良さを守り育てながら、「まちは人 やおは人」の理念のもと、まちづくりを進めていくこととし、市民の皆様とともに歩むまちづくりを基礎とし、「人とのつながりの中で、安心できる日常がある」「日常の中で、感動できる」「誰もが人生に幸せを感じ、幸せを誰かと分かちあえる」地域社会の実現をめざしました。

思い出は尽きませんが、あと数日で、平成の時代とともに、私の市長の任期も終わりとなります。
職員の皆さんにおかれましては、今後も八尾市政の発展のため、八尾市民の幸せのために、常々申しておりました楽しくをモットーに、業務に励んでいただきたいと思います。

3期12年間にわたり、わがままな市長であったかもしれませんが、このような私を支えていただきました職員の皆さんに、改めて感謝申し上げ、退任にあたってのメッセージとさせていただきます。
どうもありがとうございました。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 3期12年間、ありがとうございました。退任式に臨んできます! はコメントを受け付けていません。

3期12年間、ありがとうございました。 退任式は、4月26日(金)午後5時45分~@八尾市役所市民ロビーです。

今般の市長選挙におきましては、多くの皆様のご支援を頂きましたが、
私の力が及ばず、申し訳ありませんでした。

八尾市長に就任して、3期12年間、多くの市民の皆さんや職員さんとともに、
楽しく八尾の元気と未来を創ってくることができたことは、
私の大きな喜びであり、一生の財産です。
改めまして、感謝申し上げます。

さて、私の任期は、平成最後の日となる4月30日までですが、
明日の26日(金)が、実質、最後の登庁日となりますので、
下記のとおり、退任式が行われます。

日時:平成31年4月26日(金)午後5時45分~
場所:八尾市役所1階市民ロビー

お時間の都合がつきましたら、ぜひお越しください。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 3期12年間、ありがとうございました。 退任式は、4月26日(金)午後5時45分~@八尾市役所市民ロビーです。 はコメントを受け付けていません。

「花が咲くように人が暮らすまちへ」

今年は、桜がとても長く咲きました。毎年、子どもたちの入学式の時期には、桜花の映える写真が撮れるようにと、祈る気持ちで過ごしてきました。
「令和」への改元までもう少しというこの時期、庭先には三色すみれなどの色とりどりの花々が開き始めました。

私が、八尾市議会議員3期、大阪府議会議員2期、そして八尾市長3期を通じて、ずっと心に留めてきたことは、
「全ての人に、人として、それぞれの人生があること。」
「その人にとって、人生は、たった一度、一つだけしかないこと。」

<まちは人 やおは人>
まちの活力は、市民の皆さんの元気と言ってきました。でも、それは人の数のことではありません。
一人ひとりの人生が、種から芽吹き、青々した葉を広げ、蕾をふくらませ、鮮やかな花を開かせる。そして、そんな花々が咲き誇る花壇が、八尾のまちであること。
それが、「まちは人 やおは人」だと考えてきました。

27万人の市民の皆さんが、陽の光を浴びて伸びやかに健やかに茂る樹木のように、温もりのある人のつながりの中で、安心して育ち、暮らすことのできるまちを、そして、大きさも形も色も異なる花々を咲かせるように、それぞれの人生に満足して暮らすことのできるまちを創っていくことが、62歳になって改めて抱く、八尾市長として挑戦していきたい大きな夢です。

市民の皆様の信託を頂ければ、住んでいる人を大事にする政策を進めてまいります。

挑戦! 花が咲くように人が暮らすまちへ!!

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 「花が咲くように人が暮らすまちへ」 はコメントを受け付けていません。

~夢・創造・そして実現へ 「未来都市八尾」に向け 新たな歩みを~

八尾のまちは、豊かな自然と歴史・文化、高い技術力を持つものづくりや、多彩な商業・農業など、魅力にあふれています。とりわけ、市民の皆様が「自分たちのまちは自分たちの手でよくしていこう」と八尾を愛して、取り組んで下さっている地域力の大きさ、力強さは一朝一夕にできるものではなく、長い時の流れの中で、先人たちの努力が実を結び、今も脈々と引き継がれ、まちの原動力となっていることをひしひしと感じています。
それ故に、地域と向き合い、市民の皆様とともにまちづくりを進めることこそ、まちの魅力を高め、住み続けたいと思えるまちであり続けることができると確信しています。

「市民に信頼される八尾」「市民に親切丁寧な八尾」「税金を無駄にしない八尾」を基本として、サービスの質の向上に取り組むとともに、将来世代に過度な負担を先送りすることが無いよう、持続可能な行財政運営を図るべく、常に行財政改革に取り組んできたと自負しております。
また、厳しい行財政運営を余儀なくされる中にあっても、計画行政を推し進め、必要な施策には積極的に投資し、挑戦していくことこそが、さらなる未来の開拓につながるものと考えています。

とりわけ、八尾に住むすべての子どもたちが健やかに育ち、不安のない子育てができるまちであり続けるために、教育や子育てに係る予算を大幅に増額し、「未来の八尾づくり」に積極的に取り組んでまいりました。
コミュニティにおけるお互いの支え合いによる健康づくりの推進や、女性が活躍できる仕組みづくりなどにも力を注いでまいりました。

市長就任12年目となった昨年は、市制施行70周年の大きな節目と中核市への移行という新たなステージへ踏み出す飛躍の年を迎え、改めて、まちを動かす「ひと」が活躍しやすい環境づくりを基本として、八尾の良さを守り育てながら、「まちは人 やおは人」の理念のもと、力強くまちづくりを進めてまいる覚悟をいたしました。

今後とも、市民の皆様とともに歩むまちづくりを基礎とし、「人とのつながりの中で、安心できる日常がある」「日常の中で、感動できる」「誰もが人生に幸せを感じ、幸せを誰かと分かちあえる」地域社会の実現をめざし、引き続き、八尾のまちづくりを進めてまいりますので、皆様におかれましては、変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | ~夢・創造・そして実現へ 「未来都市八尾」に向け 新たな歩みを~ はコメントを受け付けていません。

みんなの健康をみんなで守る政策 ~もっと幸せで元気な人生をおくっていただきたい~

昨年、八尾市では市民1万人アンケートを実施させていただきました。
幸せを感じる第1位は「健康」で、8割の方が一番に「健康」をあげられました。

健康のありがたさは、病気になってはじめて分かると言われますが、八尾には、50年もの長い年月の取り組みにより、脳卒中の発生率が6割も減少した地域があります。この地域では、検診を受けようと地域の皆さんで声を掛け合うとともに、楽しみながら味噌づくりをするなど、食生活に気をつける取り組みも行われています。

この取り組みは、大阪がん循環器病予防センターの協力とともに、大阪大学大学院医学系研究科からも助言をいただきながら進めおり、多くの方が病気を未然に防ぎ、より幸せな生活をされてきたのだと思うと、一生懸命に続けてこられた地域の皆さんに頭が下がります。

このような実績を市内全域に広め、子どもの時や若い時から、「食事・睡眠・運動」など健康を意識した生活習慣を身につけておくことが、幸福度を上げていくことにつながるものと考えています。
各出張所等に保健師を配置していますので、市民の皆さんには身近に健康相談をしていただけますし、楽しんで体を動かせる健康体操や料理教室など、様々な取り組みが各地域で広がってきており、身近に健康づくりができる環境を整えてきています。

この6年間で、保健師の職員を29人から61人へと、約2倍に増やしました。
市民の幸福度が増すために、予算も人も重点的に投入してきています。

私は市長として、市民の皆さんが、病気を未然に防ぎ、人生を最後まで最大限に楽しんでいただきたいと願っています。
みんなの健康をみんなで守る政策に、最大限の力を注いでいきます。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | みんなの健康をみんなで守る政策 ~もっと幸せで元気な人生をおくっていただきたい~ はコメントを受け付けていません。

観光政策はわがまち自慢! ~まちの元気をつなぎたい~

国が推進する地方創生では、観光政策に力点を置いた「まちおこし」的な考え方が含まれています。過疎化が進行する自治体が、観光としての魅力を発見・発信し、インバウンドを含む域外からの来訪者を増加させ、まちの活気を取り戻すというようなものです。

一方で、八尾市の人口は、
<平成26年1月> 270,307人
<平成30年1月> 267,642人 (増減率:99.01%)
となっており、減ってはいるのですが、周辺自治体に比べると、あまり減っていません。社会動態(増減)といわれる転入・転出で見れば、平成30年では、「転入>転出となっており、他の自治体から八尾に引っ越されてくる方が多くなっています。

私は、観光政策が八尾市にもたらす最大の効果は、「わがまち自慢」だと思っています。

昨年からスタートした「みせるばやお」をご存知ですか?
近鉄八尾駅前の商業施設リノアスで市内企業さんが集まって、企業さん同士の交流で新商品を開発されたり、子ども達にものづくりを体験してもらったりと、手探りで試行錯誤しながらも、とても楽しい場になってきています。参画している企業さんからは、「みせるばやお」で社員さんが自社の技術や魅力に気づいて、社内に活気が出てきたというお話もお聞きしています。
普段あまり気にすることのないことが、外部から第三者の目線で評価されると、改めて驚き、自慢の種になり、活力につながるということです。

八尾市の観光政策は、今住んでいる人にわがまちの魅力に気付いていただくことから始めるべきだと思います。おいしいお店、高い技術に裏打ちされた製品、おしゃれな空間、おもしろい人、素敵な音楽や舞台、長い歴史など、気軽に気楽に感動体験できる八尾を、改めて、発信していきたいと思っています。

八尾を愛する人がたくさんいるまちを次の世代に引き継ぎ、まちの元気をつなぐことが、今、力を入れるべき政策だと思っています。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 観光政策はわがまち自慢! ~まちの元気をつなぎたい~ はコメントを受け付けていません。

八尾市の女性の活躍は、「みんなの暮らしやすさ」

「八尾市役所は女性活躍が大変進んでいますね。」と、他の首長や自治体関係者からよく声を掛けられます。女性の副市長や教育長のほか、部長や課長をはじめ管理職・監督職にも女性を多く登用してきました。
私がそのような登用をしてきたのは、女性活躍の時代だからではなく、そもそも市民の約半分が女性で、市民生活を考える上でそれぞれの立場で考えられる組織であるべきだと思うからです。

一つ一つの事業には、必ず市民生活がどのようになるための政策であるのかという明確なビジョンが必要です。自治体の経営は、あれもこれもできたらいいな、と思うだけでは維持できません。それならば、どうやって選択と集中をしていくのか?と悩みながら進んできた中で、市長としてやるべきことは、市民の皆さんの本音に寄り添い、あるべき姿を提案していくことだと感じてきました。

子育てなら、我が子の成長に感動できる毎日
高齢の方には、いつまでも元気に出かけて楽しむ暮らし方
生まれる前から死ぬまで、男性も女性も、自分らしく居心地の良い生き方 など

こんな生き方、過ごし方ができるまちづくりで、市民の幸せを考え続けていきたいと思っています。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 八尾市の女性の活躍は、「みんなの暮らしやすさ」 はコメントを受け付けていません。

市民の命を守る!~未然に防ぐことが本当の対策~

「未曽有の大規模災害」という言葉は、災害が発生した後に発せられる言葉です。
地震、台風、豪雨、猛暑、あるいは、交通事故、犯罪や虐待など、市民の安全を脅かす事象に対峙したとき、どうしたら大事な命を守ることができるのか?
守ることができた時には「当り前」として見過ごされますが、市民の人生を変えてしまうような事態から、未然に防ぐことこそが、本当の災害対策・危機管理だと思っています。

私が市長として1期目を務めているときに、東北大震災が発生しました。改めて、「命を守る」ことを最優先にし、まずは、それまで財政的な課題から先送りになっていた学校園の耐震化工事を平成27年度までに全て完了させました。5年間で、総工費約160億円。財政的には非常に厳しい状況でしたが、国費を最大限に活用するとともに、市の組織を挙げて最優先課題と受け止め、担当外の所属も協力し合ったからこそ、このように大きなボリュームの事業を動かすことができました。

早め早めの避難勧告、現在急ピッチで進めている小学校へのエアコン設置、スタントマンによる交通安全教室、妊娠届を提出いただいた時点からの助産師や保健師による見守り体制など、市長として、市民の命と安全を守るため、敢えて判断してきました。

これまでも努力してきたように、これからも最大限の努力で、未然に防ぐことにより、市民の皆様の当り前の日常を守っていきたいと考えています。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 市民の命を守る!~未然に防ぐことが本当の対策~ はコメントを受け付けていません。

政策実現と行財政運営

「あれもこれも!」は、言うのは簡単。
「あれかこれか!」を判断するのが市長の責任。

八尾市長として12年間、市民の皆さんとお話しをする中で、あれもこれもやりたいとの思いはありました。
しかし、財政的にも元気な八尾のまちを次の世代につなげていくことが、市長の責任だと考えています。

例えば、子育て・教育関連で市民の皆さんからお聞きするお話しは、子ども医療費の拡充、幼児教育・保育の無償化、学校給食費の無償化についてなど色々あります。
これらの事業を実現するには、20億円程度の市独自の財源が、毎年、必要となってきます。
今年度は、子どもたちの命を守るために緊急を要することから、小学校の普通教室のエアコンの整備に、国費も活用し約16億円を投じることとしました。
工事契約の手法などを検討し、全ての小学校で夏休み中に設置を終えるよう、現在、最速で進めています。

このように、ほんの一例ですが、緊急度や優先度から判断し、持続可能な事業となるよう、着実に実現していくことが、市長としての責任であると確信しています。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース | 政策実現と行財政運営 はコメントを受け付けていません。