11月8日は、「いい歯」の日です!!

食事以外のときに、上下の歯を噛み合わせていることはありませんか。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、無意識に上下の歯を接触させる癖のことをTCH(Tooth Contacting Habit:歯列接触癖(しれつせっしょくへき))といいます。
通常、口を閉じているとき、上下の歯は離れている状態が正しく、前歯部で2・3㎜の隙間(安静空隙(あんせいくうげき)があり、食事などで1日に上下の歯が接触する合計時間は、平均17・18分といわれています。
しかし、TCHのある人は、1日の3分の1以上もの時間、歯が接触していることがあります。
常態化すると筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増え、肩こりや顎関節症、歯周病の悪化などにつながります。
そうならないためにもリラックスを心掛け、歯を接触させないよう意識してください。
気になる人は、かかりつけの歯科医院までご相談ください。

詳しくは、八尾市歯科医師会のホームページをご覧ください。
http://www.yaodent.com/dex.html

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
http://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: 健康・病気, 福祉・医療・健康   パーマリンク

コメントは受け付けていません。