2019-01-10


2019年 新年のご挨拶


 あけましておめでとうございます。
 平成31年の新春を迎えるにあたり、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。皆さまには、希望に輝く新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
 また、平素は、私 田中誠太の政治活動に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 本年は、多くの市民の皆さまにご支援・ご支持をいただき、市政の舵取りを担わせていただきました市長としての3期目の任期を終える年を迎え、誠に身の引きしまる思いでございます。来る4月に向けて、古より続く八尾の伝統・文化をはじめとする多くの魅力を未来へと引き継いでいく姿勢を大切にしながら、まちづくりへの思いを市民の皆さまと共有し、初心に立ち戻り、さらなる挑戦・改革に向けて努力を重ねていく決意でございます。
 さて、昨年を振り返りますと、八尾市は市政施行70周年を迎えるとともに、中核市に移行し、まちづくりのネクストステージへと取り組みを進めており、10月には、みんなの健康をみんなで守る“健康コミュニティ”を育んでいくことをめざし、「八尾市健康まちづくり宣言」を行いました。一方、地震、台風などによる自然災害が相次いで発生した一年でもあり、市長として市民の命を守っていくことの重大な責任を痛感しています。
 市長として3期12年間、一貫して「八尾スタイルの地域分権」を推進し、市民の皆さまとともにまちづくりを進める中、地域コミュニティの人のつながりの強さをひしひしと感じています。地域、また未来の八尾のため、様々な活動を行っていただいている市民の皆さまや企業の皆さまに心より感謝を申し上げますとともに、皆さま方が活き活きと活躍できるまちづくりに向けて、全力で取り組んでまいります。
 今後とも、市民の皆さまとともに八尾のまちづくりにまい進してまいりますので、皆さま方のご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 結びに、新年が皆さまにとりまして、幸多き実りの年となりますことを心より祈念いたします。