REALOSAKA シンポジウムを開催します。


REALOSAKA シンポジウムを開催します。
検証「この10年で大阪はどう変わったか」
2度目の「都構想」否決からわずか3ヵ月。知事・市長は「二重行政の解消」を口実に、 
条例による都構想 「大阪市乗っ取り計画」をしようとしています。
インバウンド頼みの経済成長と制度議論に終始したこの10年、
大阪のまちは発展したのか。
立ち止まって問題点を洗い出し、未来の大阪を展望する契機にしたい。

日 時:3月27日(土)開場 13:00〜 開会 13:30〜
会 場:シティプラザ大阪「燦さん」 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31
会 費:3,000円
主 催:REALOSAKA 〒530-0041 大阪市北区天神橋3-8-9 新末広ビル3F 
      TEL:06-4800-3175

https://real-osaka.jp/special/symposium_20210327.php



カテゴリー: 未分類 | REALOSAKA シンポジウムを開催します。 はコメントを受け付けていません

Youtubeを更新いたしました。


「広域一元化条例(案)」はイカサマ!
住民投票を2回やっても懲りない人たち! 

住民投票を2回やって結果が出ても無視!勝つまでジャンケン?
巨額のお金を使い、コロナ禍の中、
大阪市民の安全よりも自分たちの利益を考えるのか!前代未聞のやり方!  



チャンネル登録をよろしくお願いします。
たなかせいたチャンネル  

カテゴリー: 未分類 | Youtubeを更新いたしました。 はコメントを受け付けていません

REAL OSAKA 広域一元化条例(案)の大阪府議会上程に対する声明


  昨年11月1日に行われた大阪市廃止・特別区設置を問う住民投票は反対多数となり、
政令指定都市・大阪市の存続が決まった。

しかし、その直後から大阪市の権限・財源の一部を大阪府に移管する
「広域一元化条例案」の動きがはじまり、
この度府市両議会へ条例案が上程されることとなった。
本条例案は住民投票で示された住民の意思を無視するものであり、
かつ大都市制度の趣旨にも反するものであることから、
その議会への上程に強く抗議する。
本条例案は「広域一元化」の名のもとに大阪府が大阪市の都市計画を中心とした
権限・財源を奪うものであり、その本質は住民投票で問われた
「大阪都構想」と同一である。

すなわち、住民投票で否決された「大阪都構想」を
条例によって実現しようとするものであり、
コロナ渦にもかかわらず多大な費用を費やして強行された住民投票で示された
住民の意思を無視するものであると言わざるを得ない。
大阪市民は住民投票において政令指定都市である大阪市の存続を望んだのであり、
その権限・財源を府に移管することは政令指定都市の実質的な
格下げ・骨抜きにつながる。

したがって、これもまた住民投票で示された住民の意思に反する。
また、今後本条例案のもとで大阪市から大阪府へ権限・財源を移管すれば、
大都市特有の行政需要に対応するため大きな権限・財源を付与された
政令指定都市制度の趣旨にも反するものとなる。
この他にも本条例案には多くの問題や懸念があるが、
主要なものを以下指摘する。

本条例案は「二重行政の解消」もその目的としているが、
第30次地方制度調査会の答申では、
「二重行政の解消」は府県から政令指定都市への
権限移譲によって行うべきとされている。
実際に政令指定都市に道府県並みの権限を持たせる
「特別自治市制度」の実現をめざし、
全国の政令指定都市の市長らが参加するプロジェクトチームが立ち上がっている。
なぜ大阪のみが全国の動きと逆行する方向をめざすのか、
市民に対して十分な説明をすべきである。
本条例案は大阪府・市の一体的な行政運営を推進することを目的として、
「副首都推進本部会議」を設置し、それを指定都市都道府県調整会議として
位置づけるとしている。

しかし、府市の調整を行う機関であれば
現行の指定都市都道府県調整会議を活用すべきであり、
調整会議以上の権限を持つのであれば、
府市の団体自治を侵害するものとなる恐れがある。
本条例案は大阪市から大阪府への具体的な権限・財源の移管は
事務委託で行うとしているが、
2000億円もの規模の事務を委託することは制度が想定しておらず、
違法の疑いがある。受託側である大阪府に執行体制があるのかも疑問である。
また、大阪府の行政資源が受託事務の執行に投入されるのであれば、
人口減少など様々な問題を抱える大阪市以外の府内自治体への施策が
おろそかになる恐れもある。


未曽有の危機をもたらした新型コロナウイルス感染症の拡大が
下火になりつつあるとは言え、
特効薬の開発はおろか、我が国においてはワクチン接種計画も
いまだ定まらない状況にある。
こうした中、いま大阪府が果たすべき役割は、
市民の生活と命を守ることであり、大阪市内の都市計画や経済戦略に
直接関与することではない。
大阪府においては、税収減に苦しむ府内自治体の支援や
ワクチン接種に関する自治体間の連携調整、
他府県との広域連携によるコロナ対策などに全力を挙げることである。
本条例案は本日の府議会への上程をもって議会での審議がスタートしたが、
先述した重大な問題点および懸念に対して十分な審議が行われなければならない。

2021年2月25日
REAL OSAKA
代表 田中誠太
https://real-osaka.jp/message/statement_kouikiichigenka.php  

カテゴリー: 未分類 | REAL OSAKA 広域一元化条例(案)の大阪府議会上程に対する声明 はコメントを受け付けていません

新年のご挨拶を申し上げます。


新年あけましておめでとうございます。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
皆様には希望に輝く新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
また平素は私田中誠太の政治活動に対しまて、
温かいご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて昨年を振り返りますと、新型コロナウィルスで、
全国小中高の休校要請に始まり、感染拡大により緊急事態宣言の発令。
東京五輪・パラリンピックが延期。
猛威は第3波を迎え、いつ収束するかは先が見えない。
世界ではワクチン接種が始まり収束に期待し、
もう少し社会の一員としての行動を取りましょう。

「富岳」がスパコン計算速度で世界一。
映画「鬼滅の刃」は国内最速で興行収入100億円突破。
探査機「はやぶさ2」が地球に帰還。楽しく夢のある話もある。

安倍総理から菅総理。トランプ大統領からバイデン大統領へ。
都構想にNO・大阪市廃止に反対多数。コロナ対策と経済対策の両立。
世界平和と対立から団結。
大都市制度に特別自治市、総合区や広域行政一元化。
住民投票で示された民意は「大阪市を残す」制度議論をしている余裕はない。
国民・府民・市民の命と生活を守る取り組みを進めなければならない。

2021年は辛丑(かのとうし)丑年は我慢や耐える、
これから発展する前触れ、芽が出る、というような年になるといわれています。

コロナを克服し希望に満ち、目標に向かって頑張れる2021年にしたいものですね。

田中誠太 
 
★★★「大阪におけるコロナ対策にかかわって」★★★
新型コロナウイルス感染症の第3波が全国で拡大する中、
大阪府は12月3日に緊急の対策本部会議を開き、
感染状況を判断する独自基準である「大阪モデル」に基づき、
非常事態を示す「赤信号」の点灯に踏み切るとともに、
外出自粛要請を行いました。

しかし、その後も感染拡大は収まらず、
大阪におけるコロナ感染重症者は12月14日現在で156人、
重症病床使用率も76.7%と高水準で推移するなど、
すでに医療崩壊していると言っても過言ではありません。

大阪のコロナ感染者・重症者が他の都道府県と比べて多く発生しているのは、
感染が低調だった時期に保健所機能の増強や医療スタッフの確保などについて
「現場任せ」の対策しか講じなかったからであり、
行政の不作為による失政と断じざるを得ません。

一方で、北九州市においては、PCR検査の対象を
無症状の濃厚接触者全員に拡げることにより、
感染者を可能な限り絞り込むクラスターの追跡システム
「北九州モデル」を確立させることにより、感染経路不明者を減らしつつ、
早期に感染者を治療、周囲の人に接触させないことで
感染拡大を抑え込んできました。

また神戸市においても新型コロナウイルス感染症重症患者の受入れに特化した
臨時病棟を運用するとともに、積極的にPCR検査を実施することで、
クラスターの防止と医療提供体制の安定的な確保に努めています。
PCR検査の拡充は、一時的に感染拡大しているかのような印象を与えたものの、
無症状の陽性者を早期に発見、感染拡大を抑え込み、
短期に収束させるのに有効な対策であったと言えます。

他都市においてすでに実行している臨時の重症者専用病棟の設置について、
大阪でも「大阪コロナ重症センター」として本日オープンしますが、
間近になって看護師不足が露呈し、国及び、全国知事会、関西広域連合に
看護師の派遣要請を行わざるを得ないという事態にまで陥りました。
いま、大阪でまず取り組むべき課題は、
医療スタッフの確保や保健所機能の増強であります。
同時に、感染拡大を抑え込むためにも、
感染者の早期発見と濃厚接触者の早期確定、PCR検査体制の拡充が欠かせません。
また医療従事者のケアも重要な取り組みとなっています。


大阪府知事・大阪市長においては、コロナ感染拡大の早期収束に向け、
他都市の事例などを真摯に学び、大阪府と大阪市が役割分担を明確にして
対策を講じるとともに、包括的で持続可能な社会の構築に向けて
尽力されることを期待します。

■「田中誠太からのお知らせ」■
◇情報発信
ブログやフェイスブック・ツイッターでの情報発信をしていますので、
ぜひ一度ご覧頂き、友達申請やフォローをお願いします。
詳しくは、下記のアドレス等をご覧ください。
※本メールは配信専用です。
直接ご返信いただいても対応いたしかねますのでご注意ください。
このメールに関するご意見・ご要望はinfo@tanakaseita.jpまでお願いいたします。
 
リアルオーサカの代表に就任しました。
REAL OSAKA(リアルオーサカ)〜REALにはなそうOSAKAのみらい〜
real-osaka.jp

チャンネル登録をよろしくお願いします。 
たなかせいたチャンネル
お礼:大阪都構想住民投票
 
Facebookページに「いいね」をよろしくお願いします。
田中誠太 | Facebook

カテゴリー: 未分類 | 新年のご挨拶を申し上げます。 はコメントを受け付けていません

REAL OSAKA(リアルオーサカ) 「大阪「と」物語」が更新されました。


REAL OSAKA(リアルオーサカ)
「大阪「と」物語」が更新されました。

2025年、大阪市は廃止され、4特別区に分割されると
市民生活はどうなるのか?

区長、一大事!お金が足りまへん。

大阪市の分割で行政コストが増え、財政が破綻(はたん) してしまいます。

ぜひ、ご覧ください。

REAL OSAKA(リアルオーサカ)〜REALにはなそうOSAKAのみらい〜
real-osaka.jp 



カテゴリー: 未分類 | REAL OSAKA(リアルオーサカ) 「大阪「と」物語」が更新されました。 はコメントを受け付けていません

Youtubeを更新いたしました。


たなかせいた ちゃんねる第2弾。 
教育を語る。よろしくお願いします。見てね。 


チャンネル登録をよろしくお願いします。
たなかせいたチャンネル 

カテゴリー: 未分類 | Youtubeを更新いたしました。 はコメントを受け付けていません

facebookやっています。


田中誠太のfacebookページに、いいね をよろしくお願いしますね。

https://www.facebook.com/tanakaseita.01

カテゴリー: 未分類 | facebookやっています。 はコメントを受け付けていません

パーティーのご案内~田中誠太と未来の八尾を語る集い~(延期)


日 程 : 2020年8月28日(金)
時 間 : 開場18:30 (受付18:00)
場 所 : シェラトン都ホテル大阪 「浪速の間」
金 額 : 10,000円

※「ご参加」いただける方には、「チケット」を送付させていただきます。
※ FAX 072-992-8184
  TEL 07-993-7715
  E-Mail info@tanakaseita.jp でお申し込み下さい。
※申込用紙は、こちらをクリックしてください。

カテゴリー: 未分類 | パーティーのご案内~田中誠太と未来の八尾を語る集い~(延期) はコメントを受け付けていません

たなかせいたちゃんねるを動画配信いたします。




カテゴリー: 未分類 | たなかせいたちゃんねるを動画配信いたします。 はコメントを受け付けていません

新型コロナウイルス感染症に関するご質問にお答えします


新型コロナウイルス感染症に関するご質問にお答えします。
八尾市の最新情報です。
https://www.city.yao.osaka.jp/0000049989.html

カテゴリー: 未分類 | 新型コロナウイルス感染症に関するご質問にお答えします はコメントを受け付けていません