大阪府下の断層帯の地震予測

 文部科学省地震調査研究推進本部地震調査委員会が、大阪府下の断層帯の地震予測を発表しました。
 八尾市をはじめとする中河内地域も震度6弱が予測されており、大阪府の一層の危機管理体制強化と、また私たちも「災害は必ず来るもの」と考え、広域避難場所や災害避難袋の確認を進めていかなければなりません。
 ※詳細 http://www.jishin.go.jp
 【参考】
 地震調査研究推進本部による長期評価
 今後30年内の地震発生確率 ほぼ 0~5%
 今後50年内の地震発生確率 ほぼ 0~9%

カテゴリー: まち歩き パーマリンク