大阪府庁WTCへ移転案について慎重かつ柔軟な対応を求める要望書

本日、「府庁WTCへ移転案」について慎重かつ柔軟な対応を求める要望書を27市の市長の賛同のもと、橋下知事並びに朝倉大阪府議会議長と野田副議長に提出されました。
もちろん私の署名もあります。
内容は
前略 私どもといたしてもこの提案は、低迷する大阪を何とかしたいという橋下知事の並々ならむ決意の表れであると理解しております。であるからこそ、大阪を何とかしたいと思い、そしてそのための方策の一つとしてWTC移転案を提案されるのなら、なおさら府議会議員の皆様の賛同を得るために最大の努力を傾注していただきたいと考えます。それが首長としての当然の務めであり、私達首長は常にそういった努力を積み重ねながら施策を執行してきております。
中略 知事には、議会制民主主義の中での政策提案であることをより認識いただき、大阪の将来を見据えた辛抱と努力を求めるものであります。
また一方で府議会議員の皆様におかれましては、前述の知事の言動が故の感情論が議論の背景に混同されないよう、大阪府・大阪府民の将来を真摯に考えていただきたく慎重かつ柔軟なご審議を期待いたしております。
知事並びに府議会に対して、私どもの権限の範疇を超えた要望であることについては十分承知をしたうえでの勝手なお願いではありますが、橋下知事と府議会議員の皆様が二人三脚でもって、この重大な局面において800万大阪府民の幸せと大阪経済・関西経済の飛躍再生についての最高の英断を下されるよう、別紙に賛同いただく首長の署名を添えて要望いたします。
私は移転に賛成ですが、市民の皆さん府民としてどう考えますか。
メールでご意見を頂ければと考えています。
よろしくね。
          たなかせいた

カテゴリー: 国際・政治 パーマリンク