世界選手権 銅の平野早矢香選手と石川佳純選手が八尾市に

5月にモスクワで開かれた卓球世界選手権の女子団体戦で、日本の5大会連続の銅メダル獲得に貢献した。
平野早矢香選手と石川佳純選手が、八尾市役所を表敬訪問。
メダル獲得の報告をしていただきました。
私から、色々質問させて頂きました。
卓球を始めた切っ掛けは。
二人とも、両親が卓球をしていたとのこと。
両親が切っ掛けを与えているのです。親の行動を子供はちゃんと見ている。
高速で行き来する回転のかかったボールの対処方法は、
平野選手は石川選手と顔を見合わせながら「感覚的に体が動いているので。慣れたらできます」とアドバイスを頂きました。
2人に、記念品として、八尾市内の企業がつくった歯ブラシと扇子を贈らせて頂きました。
八尾市内の歯ブラシ出荷量が全国トップであることを言うと、驚きの表情。
八尾のものづくり、もっとア゜ール頑張ります。
平野選手のお父さんは、私と同い年らしい。
今後の抱負を尋ねると、
平野選手は「世界選手権で積んだ経験を生かし、今後の試合に臨みたい」。
石川選手は「ひとつひとつの試合にいい状態で臨み、好成績をあげられるよう頑張りたい」。
少しの時間ではありましたが、二人の笑顔は常に素敵です。
応援団の一人として、ファンの一人として、次は、金メダルを持って帰ってほしいと願う。
          たなかせいた

カテゴリー: スポーツ 健康 パーマリンク