東北地方太平洋沖地震に対する八尾市の対応について

東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)に対する本市の対応について
平成23年3月11日14時46分頃に発生しました東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)につきましては、
国内で例を見ない未曾有の地震災害の様相を呈しておりますことから、
被災地並びに被災者に対しまして、本市におきましては、次のとおり対応しておりますので、取り急ぎご報告いたします。
今後も被災地並びに被災者の状況を注視するとともに、
大阪府など関係機関とも連携を図りながら、柔軟に災害支援を行ってまいります。
●被災地への市の対応について
被災地への対応として、11日夜、緊急消防援助隊の大阪府隊として八尾市消防本部よりタンク車、救急車各1台と消防職員8名が岩手県の被災地に向け出発し、現在、救援活動をしております。
13日午後には交代要員として、新たに8名の消防職員の派遣を行っております。
水道局からは、2t給水車1台、水道局職員2名を被災地に派遣する予定です。
また、被災地の下水道管路点検作業のための技術職員の派遣や被災者向けに提供可能な公営住宅の情報提供について関係機関から要請があり、適時、市で対応してまいります。
なお、今後、国、府等との調整により、随時、被災地の復旧作業のための関係職員の派遣を行ってまいる所存です。
なお、市からの救援物資については、まず第1次として次の備蓄物資を早期に被災地に提供する予定です。
【救援物資】
アルファ化米6,500食、毛布1,000枚、日用品セット1,500セット
飲料水1,500本、簡易トイレ100個
●八尾市民からの募金等への対応について
(1)日本赤十字社義援金の受付(市内16箇所で受付)
【日本赤十字社「東北関東大震災義援金】
市役所本館1階総合案内室、4階自治推進課で受付を行うほか、市内各出張所及び緑ヶ丘コミュニティセンター、市民サービスコーナーの各窓口、桂・安中人権コミュニティセンター各窓口、計16箇所に募金箱を設置しました。
(2)八尾市での義援金の受付
市民からの被災地への義援金については、市役所各所属の窓口でお預かりさせていただき、市から大阪府等を通じて、被災地にお届けする予定です。
(3)八尾市社会福祉協議会の共同募金の受付
社会福祉協議会窓口(福祉会館及びサポートやお)では、中央共同募金会の募金箱を設置しました。
(4)市民からの救援物資の受付
市民からの被災地への救援物資提供の申し出について柔軟に対応するため、庁内調整を行ったうえで、3月16日(水)から市立総合体育館(ウイング)1階ロビーで受け入れを行う予定といたしております。
<受付救援物資> *例示です(保存期間が長いものを基本とします)
タオル・毛布・防寒具(いずれも新品に限ります)
保存期間が長い食料品(アルファ化米、ラーメン、缶詰など。粉ミルクも含む)
新品の乾電池
※消費期限が短い物品などについては、受付を行いません。
市民の皆さんご協力お願いします。
          たなかせいた

カテゴリー: 安心 安全 防犯 防災 パーマリンク