八尾市議会見学

2月14日は市役所にて、議会運営委員会の傍聴、議場見学、市長・教育長・市役所の職員の方々との懇談を行なってきました。
議会運営委員会では、今年3月の定例会で扱われる議題について挙げられていたりと、どのような流れで市議会が進むのか、ということを大まかながらも知ることができました。
議場見学では、実際に市役所の10階にある議場を見学させて頂きました。
005
写真:議場見学の様子
市長・教育長・市役所の職員の方々との懇談では、実際に街づくりをすることの困難さ、法律面からみた教育、公務員として働くことの現状など様々なことを知ることができました。
060
市長がおっしゃったところによりますと、
「地方自治に最も必要なことは、市民が市民としての自覚を持つこと、すなわち行政の限界を認識し行政にまかせっきりにせず、自分達で協力して自分達の街を良くしていこうという意識をもつことである」
ということだそうです。
「国家が国民の為に何かするのではなく、国民が国家の為に何をできるか。」 
というジョン・F・ケネディの名言も教えていただきました。
大阪大学 山口悠希

カテゴリー: 未分類 パーマリンク