近畿中学校総合体育大会テニスの部で八尾市立大正中学校が優勝

8月8日に岸和田蜻蛉池公園テニスコートで行われた、
平成24年度第61回近畿中学校総合体育大会テニスの部で、
男子団体で優勝した八尾市立大正中学校テニス部が市長室にこられました。
また、同テニス部は8月19日から21日まで有明の森テニス公園で行われた
第39回全国中学生テニス選手権大会にも出場しました。
八尾市役所を訪れたのは、テニス部の男子部員生徒10名と、教員・保護者ら。
生徒の皆さんと、和やかな雰囲気で懇談、近畿大会優勝と全国大会出場の報告を行いました。
近畿大会は、以前に負けていたチームに勝利、その勢いで優勝。
全国大会の結果は一回戦で敗退、対戦校は優勝校、くじ運が悪かったのかなー。
選手は「全国優勝目指して頑張りたい」と今後の抱負を。
私も、中学生のときはテニス部に入っていたので近畿大会優勝は凄いと思います。
日々の練習は3時間から4時間、積み重ねが今回の結果。
何事にもその精神でチャレンジして欲しいと思います。
学校にテニスコートがあればいいなー、との思い受け取りました。
          たなかせいた
Dsc_0014

カテゴリー: スポーツ 健康 パーマリンク