八尾市の現状をお伝えします⑧ ~認定こども園等の入所人数の大幅な拡大 待機児童ゼロに!保留児童に対応!~

<12年間で、認定こども園等の入所人数は約1.5倍に! 3,858人から約5,900人へ!>
(平成19年4月と平成31年4月の比較)

認定こども園等の入所人数は、年々拡大してきたのですが、ニーズがそれ以上に増えてきているのが現状です。一昨年、八尾市は共働き子育てしやすい街ランキング全国10位となり、近畿では、神戸市に次いで堺市と同順位で2番目でした。しかし、私は外から見たランキングよりも、一人ひとりのお子さんに寄り添うことが大切だと思っています。

これまでの取り組みによって、今年4月に入所希望されていたお子さんのうち、国が示す「待機児童」はゼロとなる見込みです。しかし、国が示す「保留児童」は、現在、0歳児・1歳児・2歳児で約230人となっています。その中には、認可施設に入れず簡易保育施設や企業主導型保育施設を利用予定の方、特定の園を希望されて就労開始を延期される方なども含まれます。

待機児童ゼロ!!だけでなく、今後の取り組みでは、保育ニーズを再度見極め、安心して子育てしていただけるよう、認定こども園等の入所人数のさらなる拡大に努めていきたいと考えています。

たなか せいた

ホームページをご覧ください。
http://www.tanakaseita.jp/
ブログを更新しました。
http://tanakaseita.jp/blog/
ツイッターをご覧ください。
https://twitter.com/seitano1
八尾市 市長のページをご覧ください。
https://www.city.yao.osaka.jp/category/4-1-0-0-0.html

カテゴリー: ニュース パーマリンク