玉串川などの桜の再生を進めていきます。

玉串川の桜や、長瀬川等の桜は、植樹後、相当の年数が経過し老木化、
傷みが進行しています。
現状のままだと、その美しい桜の風景が徐々に失われていく事になります。

玉串川の桜は 地域の皆様が町会の活動として植樹されたのが始まりで、
それから50年を迎え、現在、樹木の衰弱が目立ってきている状態にあります。

そこで桜について、地域の皆さんと意見交換を行う中で、
再生に取組むこととし、八尾市桜再生基本構想を作成しました。

構想では、これまでの意見交換により得られた成果をもとに、
市域全般の桜について、地域との協働による桜の再生に取組む内容としており、
これらの取り組みを、地域の活性化とまちづくりの推進につなげることとしています。

また、リーディングプロジェクトでは、『サクラサク八尾』玉串川プロジェクトと名づけ、
桜再生に取組んでいくこととしており、
その主役は、地域の皆様であり、
そこに行政が寄り添う形で桜再生を進めたいと考えています

今年度には、玉串川桜再生実施計画を策定し、事業に取組んでいきます。

玉串川などの桜を保全し、八尾の魅力をさらに発信していきます。

たなかせいた

 

カテゴリー: 街づくり パーマリンク